不妊症には果物を取るといい?

こんにちは

富山市にある「たかどう鍼灸整体院」の高道です。

本日もブログをご覧になって頂きありがとうございます。

 

今日は「不妊症には果物を取るといい?」というテーマでお伝えしていきたいと思います。

よろしくお願い致します。

 

妊娠しやすい体を作ることが重要!

不妊の方にとってまず妊娠しやすいお身体を作ることが妊娠するためには重要になってきます。

そして人間の身体は食べているもので出来ていますので食事も大きな割合を占めます。

 

不妊治療に来院されている方にお話を伺うと、「食事には気をつけています。朝は果物とヨーグルト。昼もなるべく果物を取るようにしています」と果物を多く取る方が多くいらっしゃいます。

 

果物を多く摂ることはいいこと?

少し前から、糖質制限が話題になっていますが、不妊の方にとっても糖質を制限することは妊娠しやすい身体を作るのに重要になってきます。

 

なぜ糖質を制限するといいのかというと、炭水化物を取ることにより身体が糖化していくのを防げるからなんですね。

糖化は簡単にいうと身体が老化していくことです。

身体が老化していくと当たり前ですが、妊娠はしづらくなってきますよね。

そしてそう聞くと皆さんお米やパン、麺などは取らないようにしますと言われるのですが、それも大事なのですが、それらよりも糖化を進めてしまうのが果物の果糖なんです・・・

なので、果物を必要以上に多く取りすぎることは自ら体を早く老化させているのと同じだったんですね。

主食の炭水化物の摂取もなるべく制限し、果物も控えるようにすることが妊娠しやすいお身体を作るのに必要になってくるかと思います。

かといって果物を一切取らないようにするとそれはストレスになることもあるのでたまに日頃妊娠に向けて頑張っている自分へのご褒美に食べるくらいがいいと思います。

 

では本日は以上になります。

本日も最後までブログをご覧になっていただきありがとうございました!