不妊で悩んでいたのに一回の浮気で妊娠!?体編

こんにちは!

富山県富山市にある「たかどう鍼灸整体院」の高道です。

本日もブログをご覧になって頂きありがとうございます!

 

今日は「不妊で悩んでいたのに一回の浮気で妊娠!?体編」というテーマでお伝えしていきたいと思います。

よろしくお願い致します!!

 

前回は不妊の期間が長くなることで夫婦仲が良い状態ではなくなり、この人とはダメかもと言った感情が出てくることにより、より妊娠しにくい状況になっている可能性があると潜在意識が原因かもしれませんということをお伝えしていきました。

 

今日は、その感情を持ったままだとどれだけタイミングを取ったとしても妊娠しにくい体の状態になっているということをお伝えしていきたいと思います。

 

 

性行為=快楽が原則!

まず、人間の欲として性欲がありますよね?

そしてこの性行為は基本的には快楽に繋がります。

ですので、ベースとして性行為は気持ちいいことが前提になるのですが、不妊でなかなか子供が出来ないでいるとその行為自体が子供を作るためだけの感情がないままの義務行為になっていくことがあります。

 

それと不妊と何の関係があるの?

快楽が不妊と何の関係があるの?と思われたと思いますが、ここからが体の構造の話に入っていきます。

まず、女性の子宮は基本的に何もない状況では前傾しています。

しかし、気持ちいいという感情になってくると子宮が後傾していき膣と一直線になるんですね。

一直線になることによって精子が奥まで入って来やすくなり受精する確率も高くそして着床する確率も高くなるのです。

 

  • 子宮正常
  • 子宮快楽

一旦、妊娠について忘れてみては?

だから、1回だけの浮気でも感情や義務感から解放され快楽を得られるので妊娠という結果になるのです。

 

この体の構造反応からしても、義務で気持ちいい状態ではないままタイミングを取り続けても妊娠しづらいのです。

 

ですので、一度義務行為ではなく、気持ちよくなるにはどうしたらいいのかや楽しむという風にしていくことが妊娠しやすい状態になっていくこともありますので1つ参考にしていただければと思います!

 

不妊で悩まれている方、気になることがある方はご相談にのりますのでいつでもご連絡くださいね。

では本日は以上になります。

本日も最後までご覧になっていただきありがとうございました(^O^)