スタッフ紹介

院長プロフィール

簡単なプロフィールの後に、少し詳しく僕が鍼灸師になった経緯をお伝えします!

名前 高道 諒(たかどう りょう)
国家資格 鍼師・灸師
保有資格 内臓テクニック・クラニアル(頭蓋骨)テクニック
名前でよくある間違え タカミチとよく間違えられました・・・(^_^;)笑
出身 生まれも育ちも富山
趣味 スポーツ(観るのもやるのも!特に野球) 一眼レフカメラ(まだまだ初心者です) 映画鑑賞(DVD・・ゆっくりみたいので。笑)
星座 てんびん座
血液型 B型(A型とよく間違われます。笑)
動物占い ひつじ(さびしがり屋でひとりぼっちが苦手です・・・笑)
似ていると言われた芸能人 高橋 克典さん(高橋 克実さんじゃありませんよ・・笑) 3代目中村 橋之助さん(患者さんに言われました。。笑)

ご挨拶

はじめまして!!

あなたと一緒に健康を作っていく「あなたの健康と笑顔のパートナー」のたかどう鍼灸整体院・院長の高道 諒です。

私が責任をもって施術します!
たかどう鍼灸整体院のコンセプトは「あなたと当院の二人三脚で健康を目指す」です。

まず、今よく振り返ってみると治療家を目指す最初のきっかけになったのは、中学時代に同級生が白血病で亡くなったことだったような気がします。

その時に初めて葬式に参列し、とても悲しい気持ちになったのと同時に僕に何かできることはなかったのかと思ったことを覚えています。

しかし、人は忘れる生き物でいつの間にか野球のことばかりを考えていっていました。

当時の僕は小・中・高と野球一筋でした。(いわゆる野球小僧です。笑)

小・中は大きなケガをすることはありませんでしたが、高校生になり軟式球から硬式球に変わりました。

慣れない球と毎日のハードな練習、そして何より自分自身でケアすることの重要性を認識していなかったために肘と肩を痛めてしまいました。

当時、整形外科に行きレントゲンを撮影しましたが「骨には異常はありません。痛み止めとシップを出しておきます。練習をしないでください。」とだけ言われ正直何もして頂けませんでした。

接骨院にもほぼ毎日通いマッサージと電気をかけてもらっていました。気持ち良さはありましたが、痛みに関してはあまり効果を感じられず悩んでいました。

また 痛みのために、夜寝られないことがあり、寝られないことで不安になりこのまま痛みが続くのだろうか、寝られない日が続くのだろうかと負のスパイラルに陥っていました。

どうしようもなくて困っている際、父に勧められて受けた施術が鍼灸でした。

初めて受ける施術に加え、注射のイメージがあり「痛いのだろう・熱いのだろう」と勝手な先入観をもっていたのと先生が盲目の方でその時は正直不安でした。

しかし・・・・

施術後、気がつくと痛みがなく自然と笑顔になり喜びでいっぱいでした。

それと同時に先入観も不安も消えていました。あの時の喜びは今でも覚えています。

ですが・・・・

治療当初はセルフケアを十分にしていなかったため、その後も何度か痛みが再発しました。

先生の治療技術は凄かったのですが、「施術」のみをしている感じを高校生ながらに受けました。

自分なりに考え、1人で調べ、先生の施術だけに頼るのではなくセルフケアをすることが重要だと感じてから、ストレッチや冷やさないためにお風呂に入ったり、夏の暑い時期でも寝ている時にサポーターをしていたり出来る限りのことをしました。

そうして地道にすることで徐々に痛む回数が減りました。

先生の鍼灸を受けてから、先生のように人の役に立てる仕事をしたい。体調で困っている方を1人でも多く健康にしたいと思いました。

そして・・・・

高校を卒業し、すぐに専門学校に入学しました。もともとスポーツ一筋だったので勉強は苦手でした。

しかし、人の役に立てる仕事をしたい。体調で困っている方を1人でも多く健康に、そして笑顔で過ごせるようサポートしたいと思いがあったのと、人の身体に興味があったので苦労はしましたが鍼灸国家資格に1発合格し、臨床に出ることが出来ました。

いざ、働いてみると・・・

どの仕事でもそうだと思いますが、自分のやりたい仕事ではないことや疑問に思いながらしている仕事はたくさんあると思います。

僕もそうでした・・・

保険の使える鍼灸整骨院に勤めたのですが・・・・

あいさつや掃除は社会人として当たり前な事なので苦ではありませんでした。

しかし、人を良くしてあげたいのに、保険の請求の事務仕事ばかり・・・

施術に関しても短い時間で多くの患者さんを診るスタイルで、まるでベルトコンベアに流れているものをチェックする流れ作業のような感じでした。

幾つかの治療院で経験を積ませて頂きましたが、どこも同じような感じで自分の思い描いていた臨床とは全く違いました・・・

これでは何のために鍼灸師になったのか?
このままだとこの生業が嫌になる!
と思っていたところ、縁があり本当に患者さんのために鍼灸施術をしている先生に出会うことができ、求人募集もしていなかったのですが頭を下げて先生の治療院で働かせて頂くことができました。

そこで、患者さんへの対応や技術、鍼でも出来ることと出来ないことがあることなど本当に色々なことを教わり、今の僕の基礎になっています。

この道に入る前から
「いつかは地元富山で自分の鍼灸院を持ち、困っている方の役に立ちたい」
と思っていたのと、自分の中で5年間という節目の時期でしたので富山に帰ることにしました。

すぐに開業と思ったのですが、準備などがあるため、しばらく働きながら準備を進めることにしました。

しかし、働いてみないとわからないものでそこで待っていたのはまた流れ作業の日々でした・・・

もうそのような所では働かないと決めていましたので、すぐに辞め、開業し現在に至ります。

  • 今までの整形に行ってもしっかり対応してくれない
  • 保険を使い通っても変化がない
  • ただマッサージしているだけ
  • 目の前の患者さんと向き合っていない

などの経験があったので絶対にそういう治療家・治療院にしたくない。
いや、しません。
するつもりもありません。

僕自身の経験から、ただ「施術」だけするのではなく、その後のあなたの人生の中で少しでも困った時には、

  • いつでも気軽に来て頂ける
  • 何でもお話し頂ける
  • 共に健康を作っていける治療家になりたい
  • 自分の治療院を持ちたい

という思いからこの道を選びこのコンセプトにしました。

当院に来院される本当に良くなりたい方に、ベストな治療・ベストなアドバイス・ベストな健康パートナーとしてお役にたてるよう日々成長・患者さんと一緒に成長、健康になっていけるよう毎回の施術を全力でしますのでお困りの方は1度お悩み・お話だけでもお聞かせてください。

たかどう鍼灸整体院では、

  • 整形で痛み止めとシップの処置しかしてもらえなかった方
  • 難病指定されたがこのまま薬だけに頼って生活したくない方
  • 他の治療院に行っても根本治療をしてもらえなかった方

が根本から体質改善され身体の不調が良くなられています。

1人で悩まないでいいんです。

これからは僕に任せてください!!

あなたの笑顔と健康を全力でサポート致します!

あなたの来院を心よりお待ちしています。

たかどう鍼灸整体院・院長 高道 諒