鍼灸院の不妊治療で身体の変化って出るの??

こんにちは!

富山市にある、たかどう鍼灸整体院の高道です!

初めての方もまた何度も見て頂いている方も最後までお付き合いよろしくお願いします!

今日は「鍼灸院の不妊治療で身体の変化って出るの?」というテーマでお話をしていきたいと思います!

まず、前提として世の中には同じ人は誰一人としていないので、それぞれの価値観・考え方があります。

人生についてもそうだし、仕事や人間関係・家族のあり方など・・・

人間は男性と女性に分かれますが、女性しか体験することができないことと言えば、そうです「妊娠・出産」です。

約10ヶ月もの間、自分のお腹の中で育み、そして激痛に耐えながら出産・・・

出産の激痛には男性は耐えられないとよく言いますよね。

そもそも男の僕が書いている「激痛」という言葉で出産の痛みを表現して良いのかわからないですが、この世と思えないほどの痛みだと聞きます。

以前テレビ番組で、出川哲朗さんが出産の体験をするというのを見た事がありますが、僕自身も一度は体験したいようなしたくないような気持ちです。

でも体験することで女性に対する尊敬の気持ちがより強くなるのではないかなと感じています。

今は、少子高齢化になり年々子供の数が減っていますが、これからの日本を支えるためにはやはり子供の数を増やさないと行けませんよね。

政治は僕には全く分かりませんので「日本のために!」といった内容は詳しく書けませんが、女性であれば1度は考える「好き・愛している人との子供を産むこと」。

女性には生まれながらにして備わっている母性本能があるので妊娠し出産を考えるのも不思議ではありません。また、10ヶ月もの間自分の体の中で新しい命が育っていっているからより「母性・母親になる」と強く感じるのだと思います。

中には色々な事情により「子供は欲しいとは思わない」「女性のみんながみんな妊娠・出産したいと思うな」と言われる方もいらっしゃると思いますが、その方はこのブログを見ることはないと思うので、妊娠・出産、子供が欲しいという方へ向けての内容で話を進めて行きますのでご了承くださいね!!

1不妊について

まず、僕が嫌というか「その表現どうなの?」と思うのがそもそも「不妊」という言葉。

確かに医学的にみると「妊娠を望んでいるにも関わらず出来ない(不)」状態だから不妊なのは分かるけど、自分が不妊と言われた女性の心境を考えるとなんとも言えない気持ちになります。

だから僕はもっと「妊活」という言葉を積極的に使っていけたらなと思っていますが、まだまだ不妊という言葉が強いかな・・・

ちなみに女性ばかりに不妊のイメージがあるけど、男性の方にも原因がある不妊もあるのでそこは男性も理解しておかないとね!

女性が「不妊です」と言われるとショックがあると思うけど、男性の立場から一言言わせていただくと男性は心の中では「不妊の原因は自分にはない。自分は大丈夫」と思っている事が多いし、プライドがあるから自分に原因があるってことを認める事が女性に比べると出来なかったり、自分が不妊なんだと認めれるまで時間がかかる事がほとんどだと思う。

また、僕の治療院でも不妊(妊活)治療を受けていらっしゃる方もいるけど、みなさん女性だし、お話を伺うとご主人は消極的だったり、その話題にはあまり触れないようにする方が多いかな。

僕もそうだけどそういう話になると目を背けたくなるのがやっぱり強いのかなと思います。

でも、何事もそうだけど目の前のことから逃げていてはダメだと最近よく感じます。(この言葉は自分に言っている感が強い・・・笑)

2病院での不妊治療の進め方

まず、妊活をしている人も関わらず、なかなか妊娠出来ないとなるとほとんどの方が「自分は不妊症なのでは?」と思うようになり、一番はじめに病院に行って診察を受ける事がほとんどと思います。

そして色々な検査をし終わった後に「不妊症です。まずはタイミング療法から初めて行きましょう」と言われる事が多いようです。

不妊症の原因は器質的原因(明らかに卵巣や子宮に問題がある)場合もありますが、原因不明の事が3分の1の割合であります。

そこからはステップアップ方式で人工授精・体外受精になって行くのが一般的な不妊治療の進め方ですが、最近は晩婚化の影響で高齢出産される方も多くいきなり人工授精・体外受精に入ってくことも珍しくなくなってきています。

僕が持つ病院の不妊治療は「妊娠をさせるために与えて行く・攻める」のイメージが強いです。

与えることにより身体には負担がかかってきて、中には自律神経失調症のような状態になる方もいらっしゃるし、ホルモン治療にまで入ってくると身体のバランスが上手くとれていない人が目立ちます。

3鍼灸院(僕の治療院)にいらっしゃる方の現実

僕の治療院に来院される方で不妊治療を受けていらっしゃる方の中には、「初めは不妊治療を受ければすぐに妊娠できるものと思っていました」と思っている方が多く、でも実際はなかなか妊娠出来ない、つらい・痛い・お金がかかると肉体的にも精神的にも負担がかかりボロボロの方が多いです。

そして「私は妊娠出来ないんじゃないか」「妊娠してはいけない」「妊娠しないほうがいいんじゃ」と自分を責めたりしていってしまいます。

でも、僕が言うのは「OOさんが自分を責めることはないですよ。今までは妊娠し妊娠を継続していくだけのお身体の状態ではなかっただけですよ」といった内容のことです。

また病院ではあまり話を聞いてくれないとか一方的に話をされるだけといった事が起きているみたいで、「話を聞いてもらっただけでかなり精神的に楽になりました」と言われる方が少なくありません。

病院でもそうだし、家に戻ってもご主人も話を聞いてくれない、かといって友達や知り合いに不妊治療をしていると知られたくないために誰にも話が出来ず、自分の今をわかってもらえないために精神的にマズい人が多いです。

4鍼灸院(当院)でする不妊治療

当院に不妊治療を受けにこられる方は、病院で与えるのみの治療を受けていてこじらせている方が多いです。

ですので、僕のところの施術の基本としては、病院で与えられ過ぎたものを一旦リセットするように身体を整えていく施術をします。

自律神経失調症や腰痛・生理痛など身体の症状を整えていく施術をする事が妊娠をするために大事です。

また、精神的にも今まで負担が大きかったので精神的なケアも必要不可欠になってきます。

5僕の本音

「鍼灸院の不妊治療で身体の変化は出るの??」と言う事でお話をしてきましたが、結論から言うと施術を受けると身体の変化は出てきます。

しかし、身体の変化が出てくるまでには個人差があり、元々のお身体の状態やどれくらいの期間、病院で与えられる治療を受けてきたのかなどによって変わってきます。

病院では身体の面だけしか診ませんが当院では精神的な面の施術も行なっていきます。

むしろ自律神経失調症や腰痛・生理痛などの症状は身体の状態が整ってくると良い状態に自然となってきますが、精神的な症状は身体の施術をしてもなかなか変化が出てこないのでそれを専門的に施術していく必要がありますね。

6まとめ

不妊の原因は人それぞれ違いますが、病院では与える治療が中心でそれではなかなか妊娠出来ないと言う現実があるので、やはり病院側もそこに気づきその方にとってどの治療が最善なのかを考えていく事が本当に妊娠してもらうためには大事な部分ではないかなと思います。

今回の記事を読んで頂き、病院の治療だけでは限界を感じているあなたにとって当院の施術が妊娠をする上での治療の選択肢の1つになれば幸いです。

こんな事が聞きたいと言う事があったら「たかどう鍼灸整体院」のライン@に連絡いただければ無料相談いたしますのでお気軽に登録してくださいね!!

今回も読んでいただきありがとうございました!

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。