鍼灸院での鍼灸治療と一般的な治療院のマッサージ・他の治療法は何が違うの?

こんにちは!
富山市の「たかどう鍼灸整体院」院長の高道です!
初めての方も何度も見て頂いている方も最後までお付き合いよろしくお願いします!

今日はあなたが気になっている「鍼灸治療とマッサージ・他の治療法との違いは?」についてお話をしていきたいと思います。

まず、このブログを読んでくれているという事は何かしらお身体に痛みや不調を感じられていて、「私はどこに行ったらいいの?」「私に合う施術は何がいいの?」と思っていらっしゃるのではないかと思います。

どこに行けばいいのかわからない・・・あなたのそのお気持ちよく分かります!
だって今の世の中、治療院が多すぎるから・・汗

外出するときに便利なのが名前の通りのコンビニ!
ご存知ないかもしれませんが、治療院はコンビニよりも店舗数が多いんです!!笑

一般社団法人 フランチャイズチェーン協会の平成30年5月時点でのコンビニ数は55,438店
一方、治療院業界は厚生労働省の平成24年度の資料で鍼灸院23145 あん摩指圧マッサージ院19880 接骨院42431 整体・カイロプラクティック・リラクゼーションサロン76430の合計16万1886店です。

3倍・・・しかも治療院のデータは平成24年度ですので今はもっと増えているでしょう。

僕の鍼灸整体院に来てくださる方も「どこを選べばいいか分からなかった」と仰る方が多いので、
そこで今日は鍼灸施術とマッサージは何が違うのかこのブログを使ってお伝えしていけたらなと思います!!
最後までこのブログを読んで頂けることで、あなたがあなたの大事なお身体を預けるのはどこが良いのかの参考になると思いますので、少し長いかも知れませんがお付き合い頂けると幸いです!

これから書いていくのは、あくまでも僕が今まで施術をして来た個人的感想なので接骨院・あん摩指圧マッサージ・整体、カイロプラクティック、リラクゼーションマッサージが良くないと言っているのではないのでご了承くださいねOz

では、始めていきたいと思います!

1鍼灸治療ってなに??

腰痛・肩こりなどの症状が出て来た場合にどうにかして欲しいと思うと思いますが、まずは鍼灸治療についてお伝えしていきたいと思います。

「鍼」・・・全身にあるツボ(経穴)を刺激し身体の自己治癒力を上げたり、筋肉(特に深層筋)のコリにアプローチし血流を改善し痛みや症状を改善する施術になります。

最近はそうでもなくなってきましたが「はり」「きゅう」と聞くと未だに「痛い」「注射」「怖い」「危険」「熱い」「お年寄り」というイメージを持っている方がいらっしゃります。
それぞれについて僕なりに解説していきますね!

「痛い」

一番多いです笑
でも、痛みを感じる事はとても素晴らしい身体の機能なんです!

先天性無痛症という病気をご存知ですか?産まれながらにして痛みを感じないという一見羨ましいと思える状態ですが、本当は危険な状態なんです・・・

なぜか・・・それは人間の身体は、痛みを感じることにより危険を察知し、その状況に対応しようとしますが、痛みを感じないと「今の状況は危険ではない」と判断しさらに過激な行動を取るようになっていきます。

1つの事例として、先天性無痛症の6歳の男の子がいました。その子は痛みが感じない自分のことを「スーパーマン」だと思うようになり、スーパーマンの衣装を着て2階からジャンプしました。
その結果、足を骨折しましたが、痛がるそぶりも見せず「着地に失敗しちゃった」と笑っているだけだったり、熱いやかんに気づかずに手が触れても普通であれば防御反射と言って「熱い」と思う前に手を引っ込めることもしないでそのままで火傷が重症化したりしていました。

この話を聞いて痛みを感じれることって案外悪いものじゃないじゃんと思いませんか?

話を戻して、確かに毛穴に入ると痛いこともありますが今の鍼は先端が丸みを帯びていたりと痛みを感じにくいように進化してるのであなたがイメージしている程の痛みはありませよ!

「注射」

鍼と言って思い浮かべる代名詞ですよね!注射が嫌・痛いと思うようになる1つの原因は乳児の時にする予防接種だと僕は考えています。大人でさえ痛いと感じるのですから、生まれたばかりの赤ちゃんがあの痛みを感じると強烈なトラウマにもなると思います。

注射が痛い理由として採血や点滴をするために穴が空いている分、直径が大きくなり皮膚にあたる面積が広くなって余計に痛みやすくなるのです。

しかし、鍼灸施術用の鍼は穴は開いておらず、髪の毛よりも細いので痛みは強くありませんので安心してください!

「怖い」

これも乳児の時の予防接種の影響で「鍼=怖い」に繋がっていると思います。
当院では小学生の子も施術を受けに来ていますので大人のあなたなら大丈夫です!笑

「危険」

確かにやり方や鍼をする場所によっては危険な場所もありますが、常に細心の注意を払って施術をしていますので危険性はかなり少ないですよ!

でも、過去に某プロ野球チームの投手が鍼灸施術を受けた後に長胸神経麻痺になったとご自身の成績不振を鍼灸施術のせいだと、一般的には麻痺になる確率はかなり低いにも関わらずメディアが取り上げたせいで「鍼は危険」というイメージがまだ残っているのはとても残念に思います。

「熱い」

お灸のイメージですね。確かに昔はわざとヤケドをさせて、身体がそのヤケドを治していく力を高めるという施術をしていた頃もありますが、今現在はヤケドをさせる事はほぼ無くなって来ています。

しかし、ツボに刺激を入れないとお灸の効果が出てこないので刺激が入るか入らないかの微妙な調節によって一瞬チクっと熱さを感じることがあるかもしれません。

「お年寄り」

鍼灸施術を受けるのも施述をするのもお年寄りのイメージがありますよね・・汗

しかし、それは大昔の話で今はトップアスリートも鍼灸施術を受けていますし、腰痛・肩こりだけでなくいろいろな症状に対応できるので芸能人も施述を受けています。

また、分野によっては日本より積極的に鍼灸を取り入れている国もあります。
例えば、不妊治療に対する鍼灸施術の場合はドイツが、スポーツではアメリカなどで進んでいます。

不妊・スポーツ→お年寄りに繋がりますか?笑
スポーツは繋がる事はあったとしても不妊は繋がらないと思います。と言った感じで腰痛、肩こりで鍼灸施術をお年寄りが受けるというイメージを持っているのは日本だけです!笑

また、その影響で施術者もお年寄りが多いというイメージがついていると思います。
確かに多いといえば多いですが、このブログを書いている僕は30代です!笑

現在までの社会への鍼灸施術の貢献を考えると先輩方には感謝していますが、やはり年齢を重ねると新しいものを取り入れる・自分が変化するということをしなくなるために現代にあった施術でない可能性もあります。

2あん摩指圧マッサージって何??

あん摩指圧マッサージは「鍼灸」「柔道整復」と同じ国家資格を持つ人が行える代替医療になります。

あん摩は「押したり、揉んだり、さすったり、なでたり、たたく」といった手技により身体の不調を整える手技施術で身体の外に向かって刺激を与えます。

指圧はあん摩の「押す」が独自の発展をとげたものと言われています。

マッサージは、西洋から伝わったものになり、身体の中心に向かって刺激を与えていきます。
最近は次にお伝えするリラクゼーションマッサージが多いので一括りにされがちですが、しっかりとした知識や技術を持った方が多いです。

3リラクゼーションマッサージって何??

30分OO円といった慰安(気持ち良さだけを求める)施術になり、国家資格ではなく民間の資格のみになり、昨日まで別の仕事をしていた方でさえも1か月ほどの研修が終われば誰でもリラクゼーションマッサージ師になることができます。

知識や技術がない施術者が多いので利用するのであればそれなりのリスクがあることを理解しておく必要があります。

4整形外科ではどんなことするの?

身体の不調(首が痛い・肩が痛い・腰が痛い)などが出てきた場合に一番に足を運ぶ場所だと思います。

整形外科の一番の強みはレントゲンやMRなどにより画像診断ができること!!

画像なので自分の目ではっきりと確認できるので安心できると思います。

しかし、残念ながら原因がわからない症状が多いのが現状ですし、もし仮に画像で異常が見つかったとしても本当にその異常が今の身体の不調に繋がっているかは分かりません。

例えば、腰椎椎間板ヘルニアの症状で多いのが足の痺れになるのですが、ヘルニアがあっても痺れない方もいらっしゃいますし、画像診断でヘルニアがないにも関わらず足が痺れる方も多くいらっしゃいます。

ですので、画像診断はあくまでも症状の原因の1つかも知れないというスタンスでいた方が良いと僕個人は思います。

画像診断ではっきりわかる分、逆に良くないこともあります。

ある方は「整形の先生にOOと診断されたので私はOOなんです。でも他の治療院で施術を受けてきましたが良くならなくて・・・。それに合った施術をしてください。」と言われたことがあるのですが、結果的にはその方の思い込みで別の部分の施術をするとすぐに改善されました。

そうです、「自分はOO」と思い込む、そう考えることによってその症状を出していることは多々あります。

思い込みは非常に厄介で身体の施術をしてもまたすぐ戻ることがあります。この辺の治療方法はまた別の機会にお話しします・・・笑

整形外科は画像診断が出来ますが、そのあとは「痛み止め・シップの処方・手術の提案・安静のみの指示」が一般的で症状の根本的な改善の方法だったり具体的な日常生活改善の提案がされることは少ない傾向にあります。

5整骨院でする施術って何??

鍼灸・あん摩指圧マッサージと同じ国家資格になり、骨折や捻挫・急性痛(痛めて3日以内)の症状に対して保険を使って施術を行うことができます。

そういった症状であれば保険の適応ができますが、今まではそれ以外にも慢性の腰痛・肩こりにも保険を使って施述をする不正請求がほとんどの整骨院で行われていました。

今は取り締まりも厳しくなっており不正請求を行うところが少なくなってはいますが、まだ腰痛・肩こりにも保険を使っている整骨院もあるのでご注意ください。

また、年々医療費削減に伴い、保険を使って施術を受けることが難しくなってきています。

6整体施術って何??

整体にも今は、骨盤矯正・オステオパシー・PNF・スポーツ整体・バランス整体・美容整体など独自の施術法がいろいろあります。

その中でも身体(骨格)の歪みを整える施術が多く、歪みを整えることにより筋肉の緊張を解き、正しい骨の位置に戻ることにより身体の流れが良くなり、身体を良い状態にすることが可能です。

たかどう鍼灸整体院でもその治療院名の通り整体施術を行っています。
内容は全身の骨格に対する整体・頭がい骨に対する整体・内臓に対する整体になり、どれも自分で体験し今までで最も効果のある施術のみを取り入れています。

来てくださる患者さんの中には「今までいろいろな治療院に行って施術を受けたけど、あんまり効果を感じられなかったんだよね・・・」と言われる方もいらっしゃいますが、僕の施術を受けられた後は「初めて効果を感じることができました!!びっくりです!」とその効果に驚かれることが多々あります。

7カイロプラクティックって何??

日本では整体と同じ民間の資格になりますが、カイロプラクティックの本場であるアメリカでは「ドクター オブ カイロプラクティック」と呼ばれるように医師と同等の地位にいます。

カイロプラクティックは特に背骨の骨と骨盤の歪みを矯正して身体の不調を整えて行きます。

カイロプラクティックの中でもいろいろな施術法がありますが、分かりやすくイメージできるものとしては関節のアジャストメントと呼ばれる矯正することで「バキバキ」音が鳴る施術です。

本格的なカイロプラクティックの場合は注意が必要で、日本ではまだ民間の資格になり、ある程度勉強すれば誰でもカイロプラクティクターを名乗ることができるので、しっかりと学位・学歴を公開している治療院・施術者に施術をしてもらうことが重要です。

8僕の本音

今まで、鍼灸・あん摩指圧マッサージ・リラゼーションマッサージ・整形外科・整骨院・整体・カイロプラクティックなどの施術内容をお伝えしてきましたが、それぞれメリット・デメリットがあります。

なので、どの施術・治療院が一番良いというのはその方の考え方もあるので一概に言えないのが事実です。

しかし、まずどの治療が一番良いかよりも「あなたがどうしたい・どのような未来を手に入れたいか」をはっきりと決めることが重要かなと思います。

参考にお伝えすると、
今の症状でどれだけの期間悩んでいるのか?
今の症状を根本から改善したいのか?とりあえずその場だけ緩和されれば良いのか?
後は、あなたが健康に対してどのような考え方でいるかも重要かな?
楽して良くなりたいのか?薬には頼らず症状を改善して行きたいのか?
を決められると選択肢もより明確になってきます。

9今回のまとめ

簡単にどの治療を受ければ良いのかの基準の決め方をお伝えしましたが、それでもあなたが身体の不調に困っていてどの施術を受ければいのか・どこに行くべきか迷っていたり悩んでいたら今すぐに僕に相談していただきたいなぁと思っています。

何故なら、今まで来院された方の中にもたくさん治療院がありすぎてどこに行けば良いのか迷ったり悩んでいた方が多くいらっしゃり、その結果「もうしばらく様子を見て、本当にダメになったら行こうかな」と施術を受けられるのを先送りにして腰痛・肩こりやその他の症状が悪化し改善しづらくなったケースが非常に多かったから。

だから、あなたが腰痛・肩こりや何かしらの症状があり、「私にはどの施術があっているの??」と悩んでいるなら、この記事を読んで「ふ〜ん」とそのままにするのではなくて、LINE@で無料相談していただければ2日以内に返信します!

今回はこのような感じになりますが、人生のどの場面でも迷ったり悩んだりすると人は行動が止まり動けなくなります。
それを繰り返しているうちに行動しようと考えることさえも辞めてしまい良い結果が手に入らなくなります。
人生は1度きりしかないし、人に唯一平等に与えられたものは時間だけなので、その時間を無駄にして欲しくないなと思います。

迷っている・悩んでいるあなたのお役に少しでもなれば幸いです。
長文でしたが読んでいただきありがとうございました!!

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。