保険を使っての施術について

保険を使っての施術について

たかどう鍼灸整体院では鍼灸保険の取り扱いはしていません。

整骨院と違い来院頂いたその日に保険治療を開始することができない
医師の同意書が必要
保険が使える疾患が決まっている(下記に使える疾患を載せてあります。)
保険の使える期間(約3ヶ月)が決まっており、それ以降も同意書が必要になる
同意書を書いてくれない医師もおり、書いて頂けない場合、病院に行ったことが無駄になる
継続的に1週間に3回以上も治療をする必要がある
委任払いと償還払いがあります。※償還払いの場合、ご自身で請求して頂くので手間がかかる
療養費の支払いの審査が年々厳しくなっており、支払われない可能性もある            など
これらの理由により、たかどう鍼灸整体院では鍼灸保険の取り扱いをしていません。

保険での鍼灸施術をご希望の方は、大変申し訳ございませんが「たかどう鍼灸整体院」での施術はお受けできません。

他の鍼灸院で施術を受けていただきますよう、ご理解ご協力よろしくお願いします。

保険が使える疾患
1神経痛(神経の走行に沿って痛みが出る。例えば、お尻から下肢にかけて痺れる坐骨神経痛など。部位はどこでも構いません。)

2リウマチ(手や足の指の関節に炎症が起き、変形していきます。)

3頸腕症候群(首から肩へのひどい痛み)

4五十肩(関節の痛みや可動域制限)

5腰痛症(腰からお知りにかけての痛み)

6頚椎捻挫後遺症(代表的な例として、交通事故によるムチウチ)

※ちなみに整骨院で保険を使って肩こり・腰痛の施術は本来は出来ません。

もしあなたが今まで肩こり・腰痛で整骨院でマッサージなどを受けられていた場合は、その整骨院は不正請求をしていたかもしれません。

年々、保険の取り扱いが厳しくなってきており今まで行かれていた整骨院・鍼灸院で保険の施術が受けられなくなる日が来るでしょう。

良くなる可能性が低い施術をいつまで受けられますか??

フォローする